回数に違いがあっても、大半の人がフラれた経験を持っています。
ずっと想っていた相手に気持ちを打ち明けるのは勇気のいることですが、受け入れてもらえないと自分自身を否定されたようでネガティブになりがちです。
好きな人に振り向いてもらおうと美容にお金をかけたり、プレゼントを贈ったりしていた人は無駄になったと考えてしまうこともあるでしょう。
色々買ってあげたのに、思わせぶりな態度を取られて憎しみを抱く人もいるようです。

フラれた経験はストレスになりますが、憎しみを持ち続けていたら次の恋に進むことはできません。
落ち込むのは、それだけ相手のことが好きだった証拠です。
相手のために何かしてあげようという気持ちや、ふさわしい人間になろうとダイエットをしたりメイクを変えたりしたことは、決して無駄にならないことを忘れないで下さい。
自分の心に嘘をついて「本当は好きではなかった」と否定せず、次の恋に進むための出発点に立ったと思うようにしたほうが良いです。

フラれて泣いている女性 まったくストレスを感じない人、落ち込まない人はいません。
どんなに楽しそうにしている人でも、多かれ少なかれ悩みを抱えて生活しています。
落ち込む出来事があったときでも、悲しいと腹立たしいという気持ちをそのまま受け止めるようにしましょう。
ネガティブな心で生活していると、表情や雰囲気がどんどん暗くなってしまいます。
思いっきり泣いたりストレス解消をしたりして、次の恋を探す出発点に立ってみませんか。

世の中に男性・女性がいる限り、日々多くの人たちがフラれたり落ち込んだりしています。
フラれた人の数だけ、次の出会いを探している人が存在すると考えてみて下さい。
たとえフラれたてでも、出会いは意外なほど色々な場所にあります。
どこへ行けば出会えるのか、わざわざ探して興味のない話題のスポットへ出かけるよりも、心を入れ替えるつもりで好きな場所に行ってみるのはいかがでしょうか。
自分自身のお気に入りの場所へ行くことが、フラれた心を癒す方法の一つです。

好きな場所で過ごすことが、実は新しい出会いにつながる可能性があります。
無理に出かける場合と違って、お気に入りのスポットであれば「いつもの自分」として伸び伸びと過ごせます。
リラックスしているときは表情や雰囲気も、生き生きとしているはずです。
そこで同じように過ごしている相手と意気投合できれば、次の恋に発展することが期待できます。
気に入った場所が複数ある人の場合、あまり人が少な過ぎる場所ではなく、景色がきれいで有名な場所などがおすすめです。

フラれたけど引きずらない人の特徴

失恋で引きずる女性 皆さんの周りには、フラれたにも関わらず引きずらない人がいませんか。
相手のことが大好きで、振り向いてもらおうと頑張っていたのに、フラれたらあっさり忘れてしまう人です。
「熱しやすく冷めやすい」のか考えてしまいそうですが、そういう人は気持ちを入れ替えることが上手なので落ち込んだり引きずったりすることがほとんどありません。
もちろん悲しい気持ちはありますが、ネガティブな状態で過ごしても良いことがないと分かっている人です。
引きずらないほうが自分自身のためで、落ち込んだ気持ちをリセットする方法を知っているのでしょう。

周りにいる「引きずらない人」を思い浮かべてみて下さい。
表情が生き生きして、すっきりとした雰囲気の人が多いはずです。
明るい性格だったり、気持ちの切り替えが上手な人が多いのではないでしょうか。
考え方がポジティブだと、そうでない人と比べて明らかに表情が明るくなります。
引きずりたくないので、心を入れ替えるための行動に出ることが多いです。


気持ちを切り替え行動に移そう

旅行する女性 たとえば気持ちをリセットするなら、どこかへ旅行する方法があります。
暗い気分を振り払うため、趣味に没頭しようとする人もいるでしょう。
家の中で一人で趣味を楽しむ場合は別ですが、旅行に行ったり共通の趣味を持つ友人たちと過ごすことは、次の出会いにつながる可能性が高いといえます。

共通の趣味を仲間と楽しむ中でフラれたことを話せばすっきりするだけでなく、密かにあなたに想いを寄せていた人がアピールしてくるかもしれません。
旅行先は出会いに恵まれており、ユースホステルやゲストハウスのように一人旅の人が集まる場所へ行くと楽しく過ごせます。
住んでいる地域が同じで意気投合し、友達になることができたら出会いにつながったことになるでしょう。
観光地など1対1で声をかけられると警戒しがちですが、お互いに友達と来ている場合などは話しやすくなります。
苦手だったり合わないと思ったりした場合は、無理に会話を続ける必要はありません。

フラれたことで自暴自棄になって行動するのは危険が伴うのでNGです。
気持ちを入れ替えて趣味や旅行をするのは安全に行動すれば楽しいものになります。
出会いのことばかり考えていると「異性を探している」と雰囲気でそれとなく分かるため、のんびりと飾らずに過ごすことがポイントです。
素敵だと思える相手がいても、質問攻めにすると嫌がられるので挨拶する程度に考えておきましょう。
人が少な過ぎる場所よりは、適度に人の多い話題のスポットがおすすめです。
自然の多い場所だと「ここからパンフレットと同じ景色が見えますよ」と、声をかけやすくなります。
会話のきっかけができたら、出会いのきっかけにつながるように当たり障りのない話題を続けてみて下さい。

あわせて読みたい記事